スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコキュート据え付け

前回の更新からさらに一カ月以上たってしまったがやっと温水器の交換がおわりました
ソーラー湯沸かしと温水器100ℓのお湯でわりと普通に生活できてました
年末に向かうにつれ曇天も増えますので、ここらでケリをつけておかねばなるまい。

P1020701.jpg

元の丸型の温水器を撤去し、エコキュを仮置きし元の給水管、給湯管、排水管を考慮して位置を決定。
アンカーボルトを打つ場所にマーキングし一端タンクユニットをどかしてからアンカーを打つ。
P1020703.jpg

P1020705.jpg

とりあえずお湯を沸かせる所まではもっていかないと風呂に入れないのでササッと給水と給湯配管を接続!
給水配管にはユニット一次側に止水栓を設ける。(ないと困ります

P1020706.jpg

ヒートポンプユニットへのAB配管と電源通信線を接続完了。
配管や配線は全てホームセンターで購入し元々あった廃材からもドレンなどに流用

P1020707.jpg

そろそろ沸かさないと風呂までに間に合わないのでとり急ぎ電源及びリモコンの配線を接続。
ブレーカーは20Aに変更。

P1020709.jpg

電源を投入するとエア抜き運転が自動で開始。10分後沸き上げ運転に移行
沸き上げしている間にバスタブにアダプターを付ける事にする。
穴あけ用のコアを持っていないので友人の設備屋さんから借りてきました。
失敗したら大変な事に・・・と思いながらもわりとすんなり開けることがでたので安堵しましたw

P1020713.jpg

点検口のネジがバカになって開かないので、前回の時に開けたところからアダプターを挿入します。
ハイブリッドホースはふにゃふにゃなので塩ビの配管を通してバスタブまで送る事にしました。
開けた穴のあたりまで送ったら風呂側にまわって引き寄せ、アダプター取り付け

P1020714.jpg

P1020718.jpg
塩ビの配管を抜き取り、かわりに余ってたPF管を被せて保護。
風呂リモコンまで付ける余裕がなかったので、一旦接続した状態で横に置いといたw

これで自動湯張りもできるようになりました!使用したのは460ℓタイプの循環無しタイプのエコキュートです
循環タイプだと自動保温ができるのですが、どうしても循環ポンプなどの部品点数が増え故障の確率が増えるのと
浴槽の汚れたお湯を循環しているわけなので、長年使うと循環ポンプや熱交換器にすんごい汚れがたまります。
なので湯張りのみのエコオートをチョイスしたわけです。値段はそれほど変わらないですけど・・・

今回の設置コストはエコキュ本体(460ℓタンクユニット&HPユニット)+台所・風呂リモコンが約19万円
材料が1万3000円位、合計20万ちょいでした。
エコキュはネットで購入したので13000円のポイントが付与されるので実質19万円ってことになります。

はよ設置せんかい!という家族からのプレッシャーから解放されましたw

ちなみに循環タイプだと硫黄系の入浴剤は使用厳禁で腐食の原因になります。ゆずとか濁らないタイプのだと使えるみたい。

本日はここまでーー


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

くろックCute DC01
プロフィール

レイニック

Author:レイニック
車いぢりと走るのが大好きな適当人間です(-。-)y-゜゜゜車作業と日々の出来事、お気に入りの曲などを紹介するブログです。出来る限り毎日、適当に更新したいと思いますのでよろしくお願いします

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。