FC2ブログ

Welcome to my blog

いきあたりばったり適当作業.
エンジン製作がメインになりつつある.
ガレージライフの日記帳.

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19

ES3シビックフェリオ スロットル&レギュレータ変更

久しぶりに自分の車両でパーツ交換

TRY・BOXさんのビッグスロットルと燃圧UPレギュレータの交換。

P1020636.jpg
P1020637.jpg

友人のB20インテにも使用しましたが非常に費用対効果の良いパーツです。
特に低速中速においてトルクが太り、乗りやすくなります。
友人もハイカム&ボアUPしているB20なのに燃費が良くなったと喜んでいました。

スロットル交換とレギュレータの交換ならすぐ終わるなと思って夕方から始めたら甘かった・・・

ES3はDC5と同じタイプのフューエルシステムですのでレギュレータはポンプに付属しています。
このポンプはDC5の物に交換しています。

P1020646.jpg

フューエル配管のロックシステムが信用できないのですが・・・でも大丈夫なんでしょう。いつか抜けるんじゃと思ってしまう。

シート外してしまえばドライバー一本でレギュレータまで交換できます。このフューエルポンプの固定方法は

R33系のタイプと同じですね、33はトランクでしたけど。でもR33よりポンプの脱着は超簡単です。

というか樹脂タンクはみんなこんな感じなのかも。

P1020638.jpg
次はスロットル交換

DC5ならもう少しスペースがあるのですが、ES3はエンジンルームがDC5より若干ショートですのでかなり狭い

P1020641.jpg

クーラントがもれると臭くなるしめんどいので、漏れ止めしているのですが工具が邪魔で作業はやりにくい。

なんとか交換し終え、微調整はせずにエンジンをかけてみたらやはりアイドリングがおかしい。

スロポジやっぱ調整しないとダメだなーと判ってはいたけどw

DC2なんかはアジャストスクリューがありますがDC5はありません。ECUまかせです

P1020652.jpg

確認してみると常時スロットル開度1.2%。さっそく調整に取り掛かる

P1020653.jpg

狭すぎて普通の工具で下側のネジが回せない。ここで結構時間を費やしたw

P1020663.jpg

こんなときは非常に助かる。モニター見ながらスロポジを微調整。0%になった所でセットし直し
再始動してみたらばっちり元通り。

しか~し、エンジンが温まると0.2%までまた戻る・・   ギリギリ過ぎたorz 熱膨張恐るべし
余談ですが、すろポジを極端に動かすと、DTCチェックが付いてスロポジ電圧異常がでますw

再度ネジと格闘し無事全て完了!

試走してみるとまたガラッとフィーリングが変わり、一回りトルクが増した。
値段に対して効果が非常に高い!私の周りではこのセットは定番です。
エンジンに手を入れた物ばかりなので特に効果が出やすいってのもあります。

DC5スロットルは前期と中期ではクーラントの配管向きが違うので付きません。その部分だけ入れ替えればつきますが
厳密に言うとパーツの品番は違います。でも動作に関しては問題ありません。
出来るだけ自分の車両から外したスロットルを送って加工してもらう方がフットフィーリングが変わらなくていいと思います。

FCRの話はまた次回に
本日はここまでーー












スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。