Welcome to my blog

いきあたりばったり適当作業.
エンジン製作がメインになりつつある.
ガレージライフの日記帳.

10

ペッ ペラシャが~~~!

R33ミッション流用ペラシャフト完成しました!!w

朝から即効作業開始!とりあえず何も情報がないので、不必要な部分を切断してみた。

P1010327.jpg

重いのに意外と肉厚は薄い。殆どフランジの重さのようだ。

しかも中に画用紙みたいなのが入ってたwwまさに卒業証書入れの筒のようだw

内部からの腐食防止の為にはいってるのだろうか。よくわかりません。

R32とR33のシャフトの太さも測定。一番太い所は全く同じ。

フランジ溶接部の絞った所は0.1mmの差がありましたが個体差もあるかもしれない。

結果から言うとミッションとのジョイント部分のフランジを入れ替えればいけそうだ。

外径が同じなので内径もさほど変わりは無いはず。

車の底に潜って採寸。とりあえず一番奥まで入れた状態で計測。

実際には奥から少し手前に引いた感じで遊びを作るのでさっき測った数値から少し短く設定しました。

寸法さえ出ればあとは製作開始!!

ディスクグラインダーでフランジ溶接部の肉盛りを削っていきます。

P1010337.jpg

繋ぎ目が判らないので多く削りすぎてしまいましたwま、いいかw

先にいらないペラで練習すればよかったなー。

P1010338.jpg

R32側のフランジ抜きとり完了!大体削る部分は把握できました。次はもっと的確に外せるはず。

P1010339.jpg

一回目は時間かかったけど、2回目は容量も覚え10分位で完了。

シャフト側の端面のツラを出す為に高速カッターで軽く面取り。

さぁR33のフランジをR32のシャフトに差し込んでみよう!

P1010340.jpg

内径も問題なし。若干圧入気味に差し込みます。

これで寸法測ってみるとちょうどいい感じw結論として流用ペラシャ作るには

先端のフランジの入れ替えだけでほぼ問題なさそうです。意外と簡単だったw

次はいよいよ溶接です。自分で出来ない事もないのですが、ここは大事をとってプロにやってもらいますw

ショップの社長さんにTEL、時間に余裕あるとの事なので溶接してもらいにいきます。

ちょっと長くなるので続きはまた明日!




♪お気に入りの曲紹介♪
今日の一曲は・・
タイトル:ON MY BEAT          歌い手:BOOWY


仲間内ではこれを歌って盛り上がらないはずが無い!って感じの曲です。なつかC~

本日はここまでーー






スポンサーサイト

4 Comments

葵香  

No title

あぁガンダムの膝関節部分か・・・( ・∀・)
溶接は任せておけ!

2010/07/10 (Sat) 21:33 | EDIT | REPLY |   

レイニック  

No title

セメダインではくっつきません<(`^´)>

2010/07/11 (Sun) 00:50 | EDIT | REPLY |   

ぼろらいん  

はじめまして★
R32にr33ミッションのせるのですが加工ペラシャの寸法おしえてもらえませんか?(^.^)

2014/12/01 (Mon) 12:58 | EDIT | REPLY |   

レイニック  

Re: タイトルなし

>>ぼろらいんさん初めまして<(_ _)>

寸法の件ですが、かなり昔の作業なので忘れてしまいました。確か33ペラのフランジ部分だけ取り外して
32のペラのフランジと入れ替えただけだった気がします。
個体差、年式によって多少誤差もあるかもしれませんのでご自分の車両で採寸してみてください。

あと、正規の車検の際構造変更、強度検討書みたいなの欲しいかもしれません。その際には溶接した人の免許書類必要とか噂を聞いたこともあります。要はちゃんと溶接技能士が加工してまっせみたいな書類。

車検はどうでもいい場合は、レッツ加工! そうでない場合は書類付きでバランスチェックもしてある市販品を購入される方が安心です。
がんばってください!

バランスが取れてないと高回転時に腹底から異音がするそうです。

2014/12/01 (Mon) 20:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment