スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろエンジン作りたいのですが・・

多忙&親父の入院などでほぼ車関係はノータッチのまま、かなりの時間が経過してしまいました。
歳のせいか疲れやすくなってきてるような?ww気もするようなしないような

しかしながら今年中にはエンジンを完成させたいと思っている訳でございます。

のんびりにはなりますが、また時々更新できたらと思います


ご質問頂いてた方々へ、簡単ながら返答していますのでよろしく
スポンサーサイト

次期エンジンのヘッド

できれば今年に作ろうと思っているエンジンのヘッドを倉庫の二階から降ろしてきて分解点検。

P1020074(1).jpg

P1020073(1).jpg

各ローラーロッカーも動きは軽く程度はよさそう。

またIN側はさわらずにEXだけ軽く磨こうと思う。         暖かくなったら・・・

eマネのセッティングというか壊れない程度の空燃比にする作業も8000rpmまでほぼ完了。

B20Bですので8700までは調整しておきたいが、K24調整後なんでトルクが寂しく思えてしかたない。

というかどれくらいが標準なのか訳わからなくなってきたw調子良いのやら悪いのやら比較してみないとね。

ノーマルのDC2R乗ってる奴がいるので今度のらせてもらおう。



本日はここまでーー



3種類のクランクシャフトの互換について

久しぶりまともな更新どす。

表題通り各クランク

P1020018.jpg

P1020014.jpg

これはK型クランクとスプロケ

P1020013.jpg

P1020015.jpg

F型クランクとスプロケ

P1020017.jpg

H型クランク

それぞれ微妙に違いますがわりと互換性があります。

戸田レーシングのK22キットはF22Cのクランクシャフトの加工品で、F23キットはK24クランクの加工品だと思います。
ストロークや見た目からそんな感じだと思う。


という事は、K型とF型には互換性がある訳ですが、もちろん全てが同じな筈はなく

画像で判るようにスプロケの位置固定方法が少し違います。

突起物で位置固定するか、キーで位置固定するかの違い。

FとHはキー固定なのでほぼ同じ。

スプロケは良く似ていますが、ほぼ互換はありません。オイルポンプチェーンとタイミングチェーンの歯数と前後の

歯位置が約1mmオフセットしてあります。

オイルポンプ歯の歯数は同じだったきがする。

なのでこのスプロケの上死点位置固定ができれば流用ができるはず。

F型にk型のスプロケをはめると突起物が微妙に当たり、奥まではまらない。

その部分を削れば嵌るが、かかり代がホントにちょびっとで位置ずれがこわい。なので戸田さんのクランクは

その部分に肉盛り後に再切削、若しくはカラーを嵌めて再切削?している感じに見受けられます。
現物見たことないので知らんけどw

逆にF型にK型クランク流用する場合はキー溝の延長でそのままスプロケ使えそう。

基本的には強烈なトルクで締めつけられたクランクプーリに挟まれてしまうので、簡単にはズレないはず。

聞いた話では昔のRENAULT のエンジンではスプロケの位置固定はされていないエンジンがあるそうな。

位置決め用のSSTがあり、それを使用した状態でクランクプーリーを締めつけ固定しているだけという凄い位置固定法。


肝心なジャーナル軸径およびピン軸径はほぼ同じと思われる。ただコンロッド大胆部の幅は

F・H型が23.83mm K型は19.86mmで(CPカタログより)あるのでそれぞれのコンロッドに準拠した寸法に合わす

必要がある。

K型のコンロッドは幅が薄いのでそれだけでもF型より軽量なコンロッドを使えるのはメリットかも。


とまぁこんな感じで考えてる間が一番楽しかったりもするw


気温も一ケタに突入しエンジン作業は当分お休みになるでしょう。それまでは時間があれば車両のお手入れ

でもしようかと思います。


本日はここまでーー







次期SPLエンジン用 ピストン&コンロッド

粗末な秤ですが測定してみました。

P1010943.jpg

特注ですが、極度にレース用にではなく耐久性も考慮してスタンダードな形状を選択。K-TECHさんのピストンのように

究極のピストンには程遠いですが、そこそこの軽さ。ボアは結構大きめ。

P1010944.jpg

数種オプションを追加しています。ショートピンハイトの為通常のリングに加えサポートレールが必要になっています。

P1010942.jpg

想定出力と使用回転数と芯間距離+その他寸法の変更を踏まえて強度に余裕をもたせて設計してもらいました。

芯間距離的には日本の全自動車メーカー純正のコンロッドの中で3番目の長さ。

1番は日産GTRのVR38DETTとKA24の165mmが最長っぽい.2番目も日産TB48の163.5mm

それに次いでこの特注ロングコンロッドになります。

かなりのロングコンロッドですが市販の社外コンロッドと同等もしくは軽めに仕上がっています。

一部BC製などのスポーツマンタイプのH断面は430g前後の軽い物もあります(純正芯間距離)。

P1010945.jpg

これを使用すると連桿比もF20Cの3.64にもう少しという位の数値となります。

ホンダエンジンの連桿比でいうとNSXのC型、ビートのE07A,EK9のB16B、S2000のF20C、の次にランクIN。


ふと思いついて勢いで作ってしまったのでホントに後戻りはできない。

数値上は良くなっても良いエンジンになる保証もなく、ガッカリなエンジンになる恐れもあるにもかかわらず・・・・

もはやウマシカです。


本日はここまでーー



特注ピストン到着!

待ちに待った特注ピストンが到着しました。

海外送金後、代理店に着金してから5週間での到着です。コンロッドの時よりかなり早く仕上がりました。

P1010932.jpg

P1010934.jpg

後日重量を量ってみようと思います。


そろそろES3のオイル交換でもと思い夕暮れから開始。

P1010930.jpg

P1010931.jpg

あまり距離も伸びていなかったので汚れ具合もそれなり。

さぁオイル入れようとペール缶出してきたらちょっと軽い気がする・・・

K型はかなりオイル入るので4ℓ以上は欲しいところが、3.6リットルしか残ってなかったorz

レベルゲージで下側のしるしにギリギリ位。通常走行くらいなら問題ないだろうけど

気持ち悪いので注文して入ってくるまでES3はお休みという事でw



本日はここまでーー

くろックCute DC01
プロフィール

レイニック

Author:レイニック
車いぢりと走るのが大好きな適当人間です(-。-)y-゜゜゜車作業と日々の出来事、お気に入りの曲などを紹介するブログです。出来る限り毎日、適当に更新したいと思いますのでよろしくお願いします

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。