Welcome to my blog

いきあたりばったり適当作業.
エンジン製作がメインになりつつある.
ガレージライフの日記帳.

レイニックの適当ガレージ日記!

スポンサーサイト

ES3シビックフェリオRSにK20型のせる方法  加工編 配線系

今回は配線加工編です。詳しく説明しきれないのでざっくりです。DC5の配線図があれば特に難しくありませんのでDC5の配線図を参照しながら確認してね!エンジンハーネスからECU接続のA,B,Eコネクタともう一つ大きな、車両との接続コネクタがあります。C,DコネクタはAT車用なので空きです。この大きなコネクタが主な配線加工の部分です。まずDC5の触媒には、フロント側にLAFセンサ、リア側にセカンダリO2センサがあります。ES3のバ...

ES3シビックフェリオRSにK20型のせる方法  加工編 エアコンコンデンサ

ラジエターができたら次はコンデンサーのオフセットです。DC5ラジエターのサイズが大きくなったおかげで、コンデンサに配管接続するためのスペースが消滅します。そこで前回のラジエター編の写真のようにカットしたので、その部分にちょうど良い位置にコンデンサをオフセットします。こんな感じの配管位置になります。コンデンサを助手席側に数センチずらします。左下のチョボがマウントブッシュが刺さる部分です。今回使用したの...

ES3シビックフェリオRSにK型のせる方法  加工編ラジエター

前回まではほぼボルトオンで取り付けできるので、特に難しい事はありません。今回は加工が必要になる部分の流れを説明します。まずはラジエター取り付けについて。この作業は全て仕上がってエンジンの始動が確認できてから、最後に行う行程です。ES3のラジエターよりDC5の方がサイズが大きくなっています。それに伴い下側2個のマウントブッシュの間隔が1cm広くなってます。少し無理があるので、ブッシュをカットして私の場合は...

ES3シビックフェリオRSにK型のせる方法 パーツ脱着編

続いて実践編です。作業中にあまり写真撮ってなかったのでわかりにくいかも・・ざっくりですが流れを説明させていただきます。(オイルやクーラントは前もって抜いてね!)1、フロントバンパー取り外し。上部の樹脂製のピンみたいなやつ、ほぼ全滅するくらい割れますw  2、ラジエター&電ファンごっそり取り外し。ホース類はいざという時に加工につかえる事もあるのできちんと外す。3. D17Aエンジンミッション取り外し。室内で...

ES3シビックフェリオRSにK型のせる方法 パーツ編

ある程度片付いたのでそろそろSWAPのまとめ的な事を記録しておきます。今回のようにK24搭載の場合ECUまで変更する必要があるので基本的にDC5orEP3のK20A(赤ヘッド)ノーマル搭載での方法としておきます。これなら純正ECUで問題なく動かせますので。尚、素人がやってる事ですので、この記事を元に作業をされる場合は自己責任でお願いします。ここでのDC5及びEP3はタイプRの主に前期物を指します。DC5純正ブレンボ装着でフロント5...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。