MR-S電動パワステ流用まとめ的なモノ

遅くなりましたが・・
pdf.png


P1000837.jpg

A1:メイン電源10~14V入力
A2:アース

B1:IDUP10~14V出力
B2:SPDパルス入力
B3:TC ダイアグ
B5:メインリレーIG信号入力1V以下
B6:EFI 5V出力
B7:TS ダイアグ

C1:IG電圧10~14V
C2:SIL ダイアグ
C4:WL出力 

このなかで必要なのは

Aコネクタ:全部

Bコネクタ:2・5

Cコネクタ:1

おそらくこれだけでポンプがうごくはずです。あとはアイドルUPを繋いでおくといいでしょう。

元々フェイルセーフ機能というのがあるらしく、もしどこかが故障した際に最低限ポンプが動くように

なっているようです。故障部位によっては電動ポンプが停止します。

ポンプ自体の故障率は極めて低いようです。10万↑するものですからそうそう壊れられるとたまりません


Aコネクタのメイン電源はもちろんバッテリー⇒パワステポンプリレー⇒パワステポンプ の流れです。

A2アースはもちろん確実に。

ポンプリレーの駆動のためにリレーのコイル側1次側にIG電源⇒二次側をBコネクタの5番に接続。

Bコネクタ2番に車速パルスを接続。

Cコネクタ1番にIG電源。

これでOKのはず

+αでアイドルUPは純正のパワステプレッシャーSWを利用すると簡単です。この場合エンジンハーネス

がDC5用だとプレッシャーSWコネクタがありますので加工はいらないはず。圧力かかればアイドルUPしますからね。

私のエンジンハーネスはEP3ですのでプレッシャーSW自体ありません。なので別途プレッシャSW用

配線を追加した訳です。DC5用エンジンハーネスをお勧めしますw


●わざわざ電動化したくない場合

海外製のK型スワップマウントを使うと少しスペースがきついかもしれませんが、ショップさんなんかで

作ってもらうとエンジン搭載位置をギリギリまで後方にしてくれますので、その際は純正パワステ

(ベルト駆動)を利用できます。DC5用パワステ配管を用意できれば比較的簡単に使えます。

今回パワステの油圧配管の加工を依頼したのは↓の業者さんです。

スギタラジエターワークス
〒485-0077愛知県小牧市西之島烏海道59
TEL0568-71-1611   FAX0568-71-1612
メールアドレス sugoirag@yahoo.co.jp

パワステ配管からエアコン配管まで安価に加工製作してくれます。

こんな風に製作してください!と設計図を描いて加工用配管とセットで送るとササッと作ってくれます。

もちろんいきなり送るのではなく、事前に連絡を入れましょう。送料はもち自分持ちです。

完成後は代引きで発送してくれます。

2016/04/02配線の全体図を追加しました


以上、雑ではありますが、お役に立てばと思いますm(_ _)m
スポンサーサイト
くろックCute DC01
プロフィール

レイニック

Author:レイニック
車いぢりと走るのが大好きな適当人間です(-。-)y-゜゜゜車作業と日々の出来事、お気に入りの曲などを紹介するブログです。出来る限り毎日、適当に更新したいと思いますのでよろしくお願いします

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる